■記事

  • ACTHOME

住まい性能バージョンアップ! 3.断熱・気密化

最終更新: 3月4日

「次世代省エネ基準」によって、小さなエネルギーでも快適な生活を実現できるようになりました。


勾配天井下地と断熱材施工

日本最初の「省エネ基準」は1980年に施行されました。

その当時の建物を<温熱診断>して分かることは<基準>に照らして求められていた性能が得られていない、という事実です。

1992年の<新省エネ基準>後のものでも、不十分な工事が多々見られます。

断熱・気密化は、適切な材料を選び、しっかり、きちんと施工することです。


床下地と断熱材施工

<木の家リノベーション>では<次世代省エネ基準>を基本とし、ご予算が叶えば、<平成28年省エネルギー基準>をおすすめしています。


気密測定の実施状況

続いて、

住まい性能バージョンアップ! 4. バリアフリー

をご覧ください。


<リノベーション>するって何だろう?


住まい性能バージョンアップ!

1. 耐震化

2. 劣化対策

3. 断熱・気密化

4. バリアフリー

5. デザイン

新築を検討している方

リフォームを検討している方

アクトカフェ/ご利用案内

見学会・イベント予約・資料請求etc.

​お気軽にお問合せ下さい。

  • Facebook
  • Instagramの社会のアイコン

​アクトホーム株式会社

〒428-0007 静岡県島田市島76-1

Tel: 0547-45-3101 | Fax: 0547-45-3104