top of page

【お客様インタビュー】築25年の和室を子ども部屋へリフォーム

更新日:1月22日


思い出も、そのまま素敵に。こどもも喜ぶ"大井川の木"の住まい


今回は、築25年の和室をこども部屋(洋室)へとリフォームしたお客様にお話を伺いました。


「元々祖母が使っていた部屋をリフォームして頂きました。ひと部屋だけだし…と躊躇していたのですが、快く受けてくださいました。予算との兼ね合いや、間取りから“こうしたら使いやすくなりますよ!”と親身にお話を聞いてくれ、今では大のお気に入りに!

特に、無垢材の床は柔らかく、こども部屋にピッタリ。明るく心地いい空間に代わり、家で過ごす時間がとても充実しています。

仕事もとても丁寧で、大工さんたちの手技に感動!こどもたちもリフォーム中、何度ものぞいていたんですよ。」


和室
リフォーム前の和室

水色の壁の子ども部屋
賑やかなこども部屋になりました

家は、人生で一番長い時間を過ごす場所です。部屋の広さや築年数にこだわることなく、小さなことでもお話しを聞かせてください。


思い出を作る場所は、思い入れのある場所であってほしい。アクトホームができることをお手伝いさせてください。





 

人と地域をつなぐ情報誌 「いぶき」2021春号に掲載

思い出も、そのまま素敵に。

こどもも喜ぶ“大井川の木”の住まい

「木の家」リフォームをされたお客様の声です。


人と地域をつなぐ情報誌「いぶき」2021春号 に掲載されています。

島田市のご家庭に、

月一回配布される「広報しまだ」

年4回配布される「いぶき」です。


  • 「広報しまだ」/ 島田市 広報課

  • 「いぶき」/(株)FM島田

コメント


bottom of page