ほんとうの心地良さとは?住み心地よく、暮らしやすい住まいのつくり方

更新日:6月14日



今年は、新型コロナの心配もある中、

うっとうしい梅雨が長く続きました。


8月の頭にようやく梅雨が明けたら、

今度は、連日30℃を超える真夏日、

さらには猛暑日が長期間 続いています。


みなさんは、お住まいでの

住み心地はいかがでしょうか?


これまで夏場に、住まいの中で、

次のような症状を感じたことはないでしょうか?


  • 夏、熱くて眠れない。汗でビッショリ。

  • ダニやカビで悩まされる。

  • しまっておいた布団がジメジメする。

  • エアコンの冷房の効き具合が悪い


また、冬場は、どうでしょうか?


  • 冬のトイレが寒くてつらい。

  • 寒い脱衣室と熱い浴室との寒暖差でのフラツキ。

  • 暖房の効きが悪い。足元が冷たい。

  • 冬は、窓が結露でビショビショ。


これらの他、


  • 外の騒音に毎日イライラする。

  • これから予想される南海トラフ地震・東海地震が心配。

  • 地球温暖化で大きな台風も心配。

  • 新建材で病気になってしまうかも。

  • 換気の良くない室内での体調不良も。


住まいの中での心配事もイロイロと考えられます。


そこで、ほんとうの心地良さとは?


住み心地よく、暮らしやすい

住まいづくりのポイントを解説します!



快適な住まいづくりの“秘訣”を探る

  • 住まいの特徴/暮らしと設計デザイン

  • 災害に強い家/耐震・耐久性能

  • 人と環境にやさしい住まい/省エネ設計

  • 安心な保証体制/家づくりの確かさを60年保証で末永く