top of page

[適量・適所の収納2] 実際に住んでみてどうなの!? 住まい手のリアルな声 vol.9


現在 日程限定で公開している

弊社社長家族・齋藤家が暮らす家です。




実際に住んでみて、

どうなの!?



今回は、

「適量・適所の収納」

について


住まい手のリアルな声を

お届けします!


 

住まい手:

アクトホームスタッフ さとこ



前回の最終行に、


新築、リフォーム工事の際は、

適量・適所の収納を

一緒に考えましょう!


と書きました。


さて、適量・適所とは?



まず「適所」について。


単純に、そのものを使う場所や、

関連するものと一緒に収納してあること

ではないでしょうか。


たとえば、

包丁やまな板がキッチンにあるように、


トイレットペーパーのストックは

トイレに、

歯ブラシの予備は洗面所に

といった具合です。


  • 何かを取り出そうと思った時に 手に取りやすい場所にあること

  • 家族の誰もが 収納してある場所がわかること


が重要です。


収納場所でちょっとやっかい!?なのが、

趣味の用品や季節限定の用品でしょうか。


屋外で使用する、

園芸用品、車用品、アウトドア用品…


室内で使用する、

本やハンドクラフト関連、音楽関連用品…


季節限定の、扇風機や暖房器具、

おひなさまやこいのぼり、お祭り用品、

思い出の品など…


これらに関しては、

生活用品の収納とは別に、

新築やリフォームの際に特に

考慮しておく必要があるかと思います。



適量」については、ズバリ

「適所」からはみださずにおける量です!


広い納戸があると、

何でもかんでもそこに入れてしまって、

探し出せないことがあると思います。


(というか、私も実際にそういう経験があります)


そうすると、まだストックがあるのに

購入してしまったりします。


スペースとお金の

「無駄づかい」のはじまりです。


家の中がどうもスッキリしないという方。


適量・適所を意識して

お住まいの整理整頓を

心がけてみてはいかがでしょうか。




Comments


bottom of page