top of page

[お住まいに関してのよもやま話] 実際に住んでみてどうなの!? 住まい手のリアルな声 vol.7 番外編




住まい手:

アクトホームスタッフ さとこ



今回はお住まいに関しての

よもやま話をしていこうと思います。


私がアクトホームに入社して

27年が経過しました。


その間に見聞きしたことで

印象に残っていることや、思い出を

お伝えしていきますので

よろしくお願いします。




まずは、

25年以上前のことにさかのぼると、

その当時は建坪40~50坪、60坪代の

広さのお住まいが主流でした。


それから、2世帯住宅も多く、

だいたいご主人(男性)の親世帯と

一緒に暮らすことが

普通のように考えられていました。


2世帯住宅の設計の際には、

親世帯、子世帯それぞれのご要望を

まとめるのに、結構大変だったなぁ

という印象が残っています。


玄関や水廻り (お風呂やキッチン、トイレ)を

別々にする、しないは特に大きな論点で、

アクトホームは、ご家族のあいだにはいって

調整役になったり、

折衷案を考えたりした思い出があります。




ところが現在は、

30坪前後のお住まいがほとんど。

家族構成もご夫婦2人やおひとり、

家族3人といったご家族が普通で、

土地を探される場合も

奥様のご実家の近くをのぞまれるかたが

圧倒的に多くなりました。

10年ひと昔と言いますが、20年でこんなにも

世の中の流れが変わるものかと、

住まいのことだけみていても

考えさせられます。







現在、さとこさんが暮らす家は

新築住宅モデルとして

日程限定で見学が可能です!



Comments


bottom of page