top of page

【子育て応援住宅プロジェクト】その18:プラン1. 成長に合わせた 居場所ができる家 とは?

更新日:2023年6月23日

今回は、アクトホーム(株)が展開する 【子育て応援住宅プロジェクト】  その18 についてご紹介します! 2020年7月3日のブログ記事です プラン1. 成長に合わせた 居場所ができる家   by Asubi planning 松下さん こんにちは。Asubi planningの松下です。 今回は 「子育て応援住宅プロジェクト」 から生まれた、

2つのプランのうちのひとつ 「成長に合わせた居場所ができる家」 についてご紹介します。 成長に合わせた居場所ができるって どんな家だろう? そんな疑問を解決するべく、 こちらのプランを発表した アクトホームさんに お話を伺ってきました。 生涯に渡る 住み心地の良さを追求 このプランの特徴は 「生活スタイルの変化に合わせて  カスタマイズできる」というところ。 新居に住み始めた子どもの幼少時代 子どもが増え、 成長したとき、 そして子どもが巣立ち、 夫婦ふたりでの老後 それぞれの家族に合った、 生涯 快適に過ごせる空間づくり を目指したそうです。

畳からフローリングに。 リビングを自由にカスタマイズ 家を建てたばかりのころ。 子どもはまだ小さかったり、 赤ちゃんのいるご家庭も多いですよね。 そんな時期には、 畳のあるリビングがおすすめです。

赤ちゃんを遊ばせたり、 家族そろってお昼寝したり。 だと、 すぐにゴロンと横になれる 気軽さがあります。 この畳 ユニット式なので 取りはずしが可能。 子どもがある程度大きくなったら、 畳ユニットはロフトにしまって フローリングに戻すこともできるんです。

フローリングになったリビングには ソファを置いてくつろいだり、 おもちゃをまとめられる収納ボックス 宿題や読書ができるコーナーなど を設置できます。 家族がそれぞれ楽しめて、 程よい距離感で ゆったりと過ごせます。 そして子どもが大きくなり家を出て 夫婦ふたりの暮らしになったら、 老後を見据えたカスタマイズ。

1階だけで生活が完結するように、 リビングだった場所には 寝室としてベッドを置きます。 来客時の目線が気になるときは、 新たに引戸をつけても。 新しく作るくつろぎスペースには、 しまってあった畳ユニットを設置。 室内の移動距離が最小限に抑えられ、 コンパクトな生活ができます。 1部屋から2部屋に。 間仕切りで 子ども部屋を分けられます 座談会でも多かった 「子ども部屋は将来、一人ずつの部屋に  分けられるようにしておきたい」 という声。 そんな意見に答えて、 2階は間仕切りで部屋を分けやすい 間取りになっています。

子どもが幼い頃は、 たっぷり遊べるよう大きな部屋に。 物干しやトレーニングなどもできる 多目的スペースと合わせて、 走り回ったり広々と使えます。 そして子どもが大きくなってきたら、 一人ずつの部屋に分けるよう 間仕切りを設置。 気軽に友達を呼んだり、 集中して勉強に取り組んだり。 また、衣類も家族まとめての収納から それぞれの部屋に。 成長に応じて 各自で管理していくようにします。

老後は間仕切りを移動し、 里帰りした子どもたち ゆっくり過ごせる部屋に。 間仕切りを設置することで、 どの年代の生活にもぴったりな 部屋づくりができるんです。 将来を見据えた、 家族みんなが 暮らしやすい家を 家を建てようと考えたとき、 今の生活をもとに考える方が 多いと思います。 子どもが増えたときや、 成長して生活様式が変わったとき などにも対応しやすい、 カスタマイズできる家づくりを 考えてみるのはいかがでしょうか?

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||| 【子育て応援住宅プロジェクト】  その17 2020年7月3日のブログ記事です 「子育て応援住宅プラン」  ができるまでを  アクトホームさんに  聞きました!   by Asubi planning 梅田さん こんにちは、Asubi planningの梅田です。 アクトホームさんの 「子育て応援住宅プロジェクト」から、 2つの住宅プラン が誕生しました! 今回は、 お母さん達から出た要望をもとに プランを作成した、 アクトホームの女性スタッフさんに お話を伺いました。 ●プランの内容についてはこちら ●「子育て応援住宅プロジェクト」  についてはこちら

子育て世代のリアルな声が 聞けて良かった 今回、 現役ママさんたちの声をもとに プランを作ってみて いかがでしたか? 「ママさん達のリアルな声が聞けて  良かったです。  家についてどんなことに困っているのか  具体的にわかりました。  私たちが考えつかないような  夢のある要望がたくさんあがったので、  刺激になりました。」 「女性スタッフは、  普段はお客さまとの打ち合わせで  サポート役をしていますが、  ママさんがここまで全面に立って  家について語るというのは、  なかなかないと思います」 ママさんたちの声で 驚いたことや気づいたことは ありますか? 「アクトホームでよくご提案している  キッチンは対面式なのですが、  あるママさんから 対面式キッチンは、リビングで  のんびりしている家族の姿を見ながら  家事をするのでイライラしてしまう  という意見があり、  考えさせられました。  家族が家事に協力しやすい家  にしたいと思いました」 それぞれのプランの 特長とこだわり

「成長に合わせた居場所が  できる家」  の特長とこだわった部分を  教えてください。 「ママさんたちの 『子どもが巣立ったあとは1階で生活したい』『用途を決めないフリーな部屋が欲しい』  という声を参考に、  カスタマイズできる間取りにしました。  子どもが幼い頃、  成長した頃、巣  立った後と、  ライフスタイルに応じて  部屋の構成を変えられるように  しています」 「お母さんが笑顔でいられる家」  の特長とこだわった部分を  教えてください。 キッチン、家事室、洗面、脱衣室  動線にこだわり、  できるだけ時短で  家事ができるようにしています。  家事室はスタッフの自宅にも  あるのですが、  とても便利なので  プランにとり入れています」 水まわりと服の収納場所が 集約されているので、 便利そうですね。 脱衣所と洗面所を区切ることで  プライバシーを守ったり、  ママさんたちの 買ってきた食材などを  すぐに冷蔵庫に入れたい  という声を参考に、  玄関から台所へすぐ移動できるように  なっています」 両方のプランに 共通している部分は ありますか? 「両プランとも予算が現実的な範囲に  収まるようにしました。  また、室内に洗濯物を干す場所  確保して、  家族全員の衣類をしまえる  収納スペースを用意しました。    これもママさんたちの要望からです」 子育て世代のために アクトホームが続けていくこと

今後、 子育て世代のために やりたいことはありますか? 「さらにプランが良いものになるように  改良していきます。  ロフトや吹き抜けスペースの活用方法  ご提案したいですね。  収納のアドバイスが欲しいという  ご意見もあったので、  整理収納アドバイザーの資格を習得して、  お客様の希望をかなえる提案が  できるようになりたいです」 ママさんたちと やってみたいことは ありますか? 「各家庭にある持ち物のサイズ  教えていただき、  それらに適した収納を考え、  『どこにどんな収納があったら     使いやすくなるか?』  を一緒に考えていきたいです」

取材風景


今回誕生した2つのプランは、 今すぐにでも住んでみたいと 思うような間取りで、 お話をうかがっていて ワクワクしました。 今後は さらに改良されていくとのことで、 とても楽しみです。 ぜひ、こちら 「成長に合わせた居場所ができる家」 「お母さんが笑顔でいられる家」を見て、 将来の家族の姿やライフスタイルを 想像してみてくださいね!

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||| |||||||||||||||||||||||||||||||||||| アクトスタイル   -Natural+Slow Life- 私たちアクトホームは、 地域の良質な自然素材を使い、 職人たちの手技を活かした、 ぬくもりと愛着の感じられる 地域創生の住まいづくりに 日々、真剣に取り組んでいます。 「アクトスタイルの家」  その12 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ~詳しく知りたい!疑問質問等はこちら~ お問い合わせはホームページの 「お問い合わせフォーム」から ご連絡ください。 お問い合わせフォームはこちら 「子育て応援住宅プロジェクト」  についてはこちら |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| アクトホームでは構造見学会、 完成見学会を随時開催しています。 イベント情報 見学会スケジュールはこちらから 確認できますよ。



お問い合わせ先:


||||||||||||||||||||||||||||||||||||||


アクトホーム株式会社

〒428-0007静岡県島田市島76-1

Mail:https://www.act-home.jp/contact Tel:0547-45-3101 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| おかげさまで、創業116年 これまでも、そして、これからも ————————————————————— 自然と暮らす。自然に暮らす。 アクトホーム株式会社  代表取締役  齋藤 光哲 〒428-0007静岡県島田市島76-1 TEL:0547-45-3101/FAX:0547-45-3104 —————————————————————

Commentaires


bottom of page