・ブログ・ 

こどもみらい住宅支援事業について


今注目の「こどもみらい住宅支援事業」(国交省) 

住宅の新築(新築分譲住宅含む) 及び リフォームに対する補助金 についてのお知らせです。


新築住宅に対する補助金は子育て世帯が対象。この場合の子育て世帯とは18歳未満の子を有する世帯。若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯。(年齢はいずれも令和3年4月1日時点)とのことです。

リフォームに対する補助金の対象は、子育て世帯だけでなく、安心R住宅の購入をともなうリフォームをする方も含まれます。


新築住宅は最大100万円補助金申請可能です。※住宅の性能によって補助額が異なります。

対象住宅に居住する子育て世帯であること 且つ いくつか条件を満たした場合に補助金申請の対象となります。

また工事請負契約等が結ばれて施工するリフォームに対しては、内容等に応じた申請額となります。補助金申請内容の下限額があります。(下限額に満たない場合、申請できません。)


新築住宅の条件は住宅の性能や延べ面積について、リフォームの場合は対象となる建材・設備について、新築及びリフォーム共に、契約の時期・工事終了時期など、いくつかの条件が定められています。リフォームの場合、必須項目があるので要確認です。


また補助金が出ない場合(例えば重複して貰えない補助金を申請しているなど場合など)もありますので、条件の確認が必須です。


申請条件について詳しくは国交省のHP「こどもみらい住宅支援事業」をご覧ください。

概要について:https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001444197.pdf

内容について:https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001444200.pdf

今後、対象となる建材、設備等についての詳細情報は順次更新される見込みです。


こうした補助金は国の予算額に達すると終了します。

アクトホームで 「住宅の新築 及び リフォーム を検討されている 子育て世代の方」はお早めにお問い合わせください。

28回の閲覧0件のコメント