植物観察日記 2019年12月 アクトホーム産「干し柿」

更新日:6月14日


こんにちは。木曜日ブログ担当の水野です。

今日は、アクトホーム花壇に育つ柿の木のお話。

花壇に柿の種を捨てたのが15年以上前くらい。

そこから芽が出て丈が伸び、木になって、実がなるまでに10年近くかかりました。

実がなりはじめた当初は数個しかならず、実をつつくカラスの姿を目撃するとブルーになったものです。

その後徐々にできる実の数が増えていき、2019年秋、初めて30個以上の実がなりました。

幼稚園児の握りこぶし位の小さな実ですが、カラスや小鳥たちと共有しつつ、今年は大工のYさんが「干し柿」を作りました。

「生の状態でこの大きさだったら、乾燥したら梅干しくらいになるんですかね。」

そんな会話をしてから約1ケ月強、かなり大きめの梅干大「干し柿」が完成しました。



スタッフで少しずつ食しました。美味しかったですよ。

by E.Mizuno