■記事

「プラン2 お母さんが笑顔でいられる家」 by Asubi planning 松下さん

こんにちは。Asubi planningの松下です。

今回は「子育て応援住宅プロジェクト」から生まれた2つのプランのうちのひとつ「お母さんが笑顔でいられる家」についてご紹介します。

家事に育児にお仕事と、毎日忙しいお母さん。

そんなお母さんたちが快適に、笑顔で過ごしてほしい!と作られたのがこちらのプランです。

その見どころを、アクトホームの女性スタッフさんたちに教えてもらいました。



家事は1秒でも早く片付ける!時短につながる家事動線

お母さんが笑顔でいられるポイント、それは家事動線

日々、やることがたくさんあるお母さん。買い物してきた荷物を片付けて、急いで夕ご飯の支度を!その前に洗濯して、散らかった部屋も片付けないと・・・毎日が時間との戦いです。

そんな家事を少しでもスムーズに片付けられるよう、「家事室」を中心にキッチンと洗面所、風呂が最短距離で移動できる設計となっています。


家事室とは、その名前の通り「洗う」「干す」「たたむ」「しまう」などさまざまな家事ができる部屋のこと。

洗った洗濯物を家事室にある勝手口からそのまま外に干したり、少し乾き足りないものは室内に干したり。

収納もついているので、取り込んだ洗濯物はその場で畳んでしまえます。

実際にご自宅で使っているアクトホームの女性スタッフさんも「あったら絶対便利!」とイチオシのスペースです。


買い物したときは、玄関から入ってすぐのキッチンで、冷蔵庫に買ってきた食材を入れます。

そのまま隣の家事室に行き洗剤などのストックをしまえば、荷物はあっという間にスッキリ。

これまでは「頼まれたもの買ってきたよー!」とその場に荷物を置きっぱなしだったお父さんでも、冷蔵庫からストック置き場まで、きちんと片付けてくれそうです。

家族みんなが家事をしやすくなって、家事をより早く終わらせることができます。



家族みんなが分かりやすい!使うものは使う場所に収納

子どもがお風呂に入ってから、着替えやタオルを忘れて「お母さん、持ってきてー!」なんて呼ばれること、ありませんか?

その度に家事の手を止めて届けていたら、お母さんの負担が増えるばかり。

そんな不便を解消できるよう、家族みんなが分かりやすく、取り出しやすい収納になっています。


風呂場前の脱衣室に下着やパジャマ、タオル入れ、洗面所にはヘアケア用品や掃除用具を収納。

子どもの手が届く位置に着替えやタオルが収納され、子どもが自分で取り出すことができるので、お母さんの目に見えない家事の負担を減らすことができます。



ゆっくりくつろげる「お母さん専用スペース」

2階の一角には、雨の日用の部屋干しとデスクを設置。

デスクはお母さん専用として、趣味などひとり時間を満喫できるスペースになっています。

ひとりで集中しやすいので、リモートワークでお仕事する方にも便利です。



お母さんが笑顔でいられたら、家族みんなも笑顔で幸せ!

「収納スペースはたっぷりほしい。できたら目立たない場所で」

「部屋干しできる場所があるといいな」

など、座談会ではお母さんたちから、家に関するたくさんの「あったらいいな」が出ていました。

そんな希望を叶えた、今回の住宅プラン。家族みんなが家事に参加しやすくて、お母さんの忙しさも解消してくれそうです。

家でゆっくりくつろげたら、お母さんの笑顔が増えて、家族にも笑顔が広がっていきますね。

アクトホームさんでは、より良いプランにするべく、これからもっと改良を重ねていくそうです。

更に進化するプランに、これからますます注目です!

このプランが誕生した「子育て応援住宅プロジェクト」について、もっと知りたい方はこちらからどうぞ。

新築を検討している方

リフォームを検討している方

アクトカフェ/ご利用案内

見学会・イベント予約・資料請求etc.

​お気軽にお問合せ下さい。

  • Facebook
  • Instagramの社会のアイコン

​アクトホーム株式会社

〒428-0007 静岡県島田市島76-1

Tel: 0547-45-3101 | Fax: 0547-45-3104