■記事

家族の暮らしの変化や趣味に対応できる家に興味のあるママへ〜子育て応援住宅プロジェクト〜 by Asubi planning梅田さん

こんにちは、Asubi planningの梅田です。 アクトホーム「子育て応援住宅プロジェクト」のひとつをご紹介。 今回は子育て中のママ達と「家について」座談会を開催しました。 その中で関心の高かった「家族の暮らしの変化や趣味に対応できる工夫」について、アクトホームさんに相談&話を聞いてきました。


家族みんなが快適に過ごせる家にしたい


子育て世代の家は、家族の暮らしの変化や趣味に対応する工夫が必要です。 子どもの成長はもちろん、パパやママも新しい趣味が増えたり、生活や仕事環境が変わることがあります。 ママさんたちによる座談会では、 「夫の書斎や、趣味用の部屋をつくれば良かった」 「フリースペースや、用途の決まっていない部屋を用意しておいて良かった」 「棚板は外せるようにしておけると便利」 という意見が出ました。


パパ・ママが自由に使えるスペース

ごろ寝ができる書斎(左)・パントリー兼ママの作業スペース(右)

子どもがいると、ついついリビング・水回り・子ども部屋を重視しがちですが、パパとママの書斎や専用スペースも大切です。

「家族共用スペースは子どもの成長に合わせて、大人専用のスペースはパパ・ママの変化に合わせる」

など、スペースによって使い分けをすれば、家族全員がストレスなく過ごすことができます。

パパとママのプライベートも大切にすることで、家族全員が快適な家になるんですね。


カスタマイズが自由な「余白」のある間取り


フリースペースや、用途の決まっていない部屋をつくっておくのも、暮らしの変化に対応する工夫の1つです。

暮らしの変化は、家を建てる時点では予測しきれない部分もあります。

「余白」のある間取りにすることで、「子どもが増えた」「趣味用の部屋がほしい」など、大きな変化にも対応することが出来るんです。

アクトホームさんの家は、頑強な骨組みにすることで、建物内の壁やドアの位置を変えられる「スケルトン&インフィルの可変空間」。

フリースペースに、壁やスライドドアをつけて部屋にしたり、壁を取って広い空間にしたりと、「余白」を自由に使うことができます。



フリースペースに家具が必要になったら、いつでもアクトホームさんにオーダーできますよ。 棚板は、高さを2cm単位で調節できて取り外しも可能なので、暮らしに合わせたカスタマイズもバッチリです。


子育て世代の家づくりは、子どもの成長だけでなく、パパやママの変化を考えることも大切。 アクトホームさんの家は、間取りも家具もカスタマイズが自在で、建てた後も気軽に相談できると聞いて、とても心強く感じました。


◯子育て世代の家づくりをサポートしてくれる、アクトホームさんの「子育て応援住宅プロジェクト」についてはこちら

新築を検討している方

リフォームを検討している方

アクトカフェ/ご利用案内

見学会・イベント予約・資料請求etc.

​お気軽にお問合せ下さい。

  • Facebook
  • Instagramの社会のアイコン

​アクトホーム株式会社

〒428-0007 静岡県島田市島76-1

Tel: 0547-45-3101 | Fax: 0547-45-3104