top of page

自社大工による、オリジナル家具を製作中! 2月18日-19日にペットと暮らす、プライベート空間を大切にした「木の家」 焼津市にて、「木の家」完成見学会を 開催します。

私たちが、住まいづくりの際に

ご提案させていただいていることは、


住まい+家具+庭

一体で考えるということです。 現在進めている「木の家」の

施工中の様子です ▼ まず、「食器棚」です

食器棚の製作中です。

自社の加工場にて。

食器棚を

現場で取付中の様子です


これから

可動棚 及び 扉を

取り付けていきます




正面が

出来上がった「食器棚」です

次は「TV台」について

「TV台」の天板と脚を

あつらえているところです


「TV台」を製作中です

自社加工場にて


「TV台」を製作中です

棚と脚の部分を調整中です


現場に座った「TV台」です



3つ目は

「PCデスク」です

自社加工場にて

「PCデスク」を製作中!


杉のJ-パネルの天板に

ブラックのスチールの脚を

取り付けています。

天板の受け材についても

ブラウンの着色を施しています。

現場の画像中央に

「PCデスク」を据える予定です。 このたび、これらの家具をそろえた


『ペットと暮らす、

  プライベート空間を

   大切にした木の家』


が完成しました。



 ▲

2月18日-19日に


ペットと暮らす、

プライベート空間を大切にした「木の家」


 焼津市にて、「木の家」完成見学会

 開催します。






2023年

2月18日(土)-19日(日)

に開催する、


焼津市石津中町にて

「木の家」 完成見学会

のご案内です。





この住宅の特長

高耐震・長期優良・地域ブランド

・木造二階建て・ゼロエネ住宅


の仕様に こだわって建てられました。


建物の延床面積は39坪です。



地域の良質な「無垢の木」でつくる空間 「ペットと暮らせる」住まいとガーデン ● 個々の「プライベートな空間」を大切に

● 多人数で集まれる ゆとりのLDK ● 広い「ウッドデッキとバルコニー」 使いやすい脱衣室と区分けした洗面所

● パントリー.クロゼット等「充実した収納」 ● 光と風を採り込む「吹抜のあるリビング」 ● 家族の会話もはずむ「対面式キッチン」


●太陽光発電システム12kw搭載の「ZEH」

●地震と台風に強い「最高等級の構造体」

●人と環境と家計にやさしい「ゼロエネ住宅」




ぜひ完成見学会場にて、

ご体感ください。


当見学会場では、

お気軽にご質問ください。




外観は、ブラックパール色の金属板と

玄関周りは、ホタテしっくい仕上げ

木に癒されて

のんびりくつろげるリビング


吹抜けからの

光と風の流れが心地いい


リビングにタテの広がりを演出


シーリングファンで空気の循環を


ゆとりあるLDK


奥のフリースペースまで続く

ゆったり空間


左手は、吸湿性の高いタイル、

エコカラット仕上げ

コゲチャ系の色合いと素材感が、

インテリアのアクセントになっています。


玄関は、ドアではなく、

断熱タイプの玄関引き戸を採用しています。

白いしっくいの壁に

光を拡散するガーデン灯テイストの

玄関照明。

ウッドデッキは

天然木の杉です。


無垢の杉材に

特殊な乾燥処理を施し、

対候性を考慮した素材です。


地面に埋めても、25年以上の

対候性のあるデッキ材です。


左手は、吹抜け手すり。


吹抜け上のシーリングファンで

空気を循環させ、快適な室内環境に。


軒先の天井はヒノキの板、

バルコニー手摺は

天然木の杉です。


左手の引き戸は、下部にペット(小犬)のくぐり戸付き



「お茶薫る珪藻土」で仕上げた寝室

左側壁は、アクセントクロス 右手の引き戸も、下部にペット(小犬)のくぐり戸付き


各室の引き戸を閉めてあっても、


ワンちゃんが、手前の部屋から

向こう側の部屋まで、出入りできる


ペット用くぐり戸付きの建具です。





あたたかな灯りがこぼれる

建物の夕景


=====================



「木の家」完成見学会のご案内は コチラ

  ▼

https://www.act-home.jp/post/20220218-19


おかげさまで、創業116年 これまでも、そして、これからも ————————————————————— 自然と暮らす。自然に暮らす。 アクトホーム株式会社  代表取締役  齋藤 光哲 〒428-0007静岡県島田市島76-1 TEL:0547-45-3101/FAX:0547-45-3104 —————————————————————







Comments


bottom of page