上棟しました! 大井川の木でつくる「しずおか優良木材の家」 静岡県島田市内にて。


先週、台風一過の秋晴れの中、静岡県島田市内にて、

「しずおか優良木材の家」の建て方作業を行いました。


上の写真は、建て方初日の夕方の様子です。

[PHOTO 2022.9.26.]

夕方までに、棟上げが完了しました。


私たちアクトホーム(株)では、

地元産の木を活かした住まいづくり、

そして、自社大工による責任施工を

モットーとしています。


「大井川の木を使い、地域の匠による、

手間ひまかけた住まいづくり。」

が私たちのテーマです。


今回、上棟をした建物も、

大井川流域で育った良質の杉・桧を

ふんだんに活用しています。


建て方初日の午後1時の様子です。

午前の半日で、1階部分の骨組みが完了し、

午後は、2階部分の柱建てから始めています。


午後3時までに、2階の屋根の骨組みまで完了し、

3時の休憩後、屋根パネルを取り付けている状況です。


厚板の屋根パネルを、小屋組みの登り梁と

直交方向に、丁寧に取り付けています。


弊社が、「木の家」の骨組みに使用している素材は、

静岡県がその品質を認めている「しずおか優良木材」です。

柱には、その表示としてのシールが貼られています。


建物の中央で、屈強に骨組みを支える“大黒柱”です。

弊社では、できるだけまっすぐに成長した杉の木で、

その表面もきれいな丸柱を使用しています。


手前の下部は“吹抜け”です。

室内に光を採り入れ、1.2階同士の風の流れをつくります。


上部の左手は、ロフト(小屋裏収納スペース)です。

上部右手は、屋根を勾配とすることで、

2階の各室を開放的な空間にしています。


厚板の構造用合板を、屋根パネル及び

2階床パネルとして取り付ける事も

屈強な構造体のための重要な要素です。


弊社では、地震と台風に対して、

一棟一棟、邸別に、構造計算(許容応力度計算)をかけて

しっかりとした根拠のある強い骨組み

(耐震・耐風ともに国内最高ランクの構造体)を、

全棟に適用しています。


建て方初日の夕方までに、1.2階すべての骨組みを組み、

2階の床及び屋根パネルまで、取付完了しました。


この後、万が一に備え雨養生用のブルーシートを

屋根面にかけて、一日の作業を終了しました。



弊社では、地元の木や自然素材を使い、

地元の職人の手技を活かし、

地震や台風の自然災害に負けない、

「人と環境にやさしい家づくり」に取り組んでいます。



by M.Saitoh


自然と暮らす「大井川ブランド」の住まいづくり。


●施工実例を見る








10/29.30.「木の家」完成見学会を開催します

/島田市金谷中町にて


光・風・緑とともに暮らす「大井川・現代町家」

●当見学会の案内を見る


   


おかげさまで、創業115年

これまでも、そして、これからも

==============

自然と暮らす。自然に暮らす。

アクトホーム株式会社

静岡県島田市島76-1

==============