【アクトスタイル.11】自然を感じる、暮らしのデザイン

更新日:6月13日


設計デザイン/自然を感じる暮らしのデザイン


アクトスタイル・4つの手法に基づき、自然が感じられ、末永く、居心地よく暮らせる住まいをご提案します。


  1. サイトプランニング

  2. パッシブデザイン

  3. ゾーニング

  4. スケルトン&インフィル


上記4つの手法について、以下にご紹介いたします。



 

1.サイトプランニング

その土地の特徴を見極め、立地条件に配慮した、心地よい暮らしや住まい方の計画をします。

視線の抜け、庭、駐車スペース、アプローチ等も考慮します。



2.パッシブデザイン

自然エネルギーの活用として、太陽の光・熱、風を取り込み、また制御する工夫を施し、四季を通じて快適な住まいに。



3.ゾーニング

住まいのパブリック空間・プライベート空間の区分けと融合について配慮し、使い勝手の良い生活動線・家事動線の空間を計画します。



4.スケルトン&インフィル

建物を地震・台風に対し、頑強な構造(スケルトン)とし、建物内部のインフィル(間仕切り壁・建具等)について、ライフスタイルの変化と共に、間取りを変えていける室内空間をご提案します。


以上、4つの手法を取り入れた、アクトスタイルの設計デザインにより、自然の恵みとともに、家族が豊かに暮らせる住まいをお届けいたします。