・ブログ・ 

アクトスタイル⑨ / 光・熱・風の自然エネルギーを活用した「パッシブデザイン」の住まい。


明るく、風通しがよく、冬暖かく、夏涼しい、

住まいは、多くのお客様が求める住まいです。



「パッシブデザイン」とは、

自然の力を活かし、最小限のエネルギーで、

健康・省エネ・快適を実現する手法です。



「アクトスタイルの住まいづくり」では、

地域のヒト・モノ・ワザを活用した、

「パッシブデザインの住まい」を目指しています。


「太陽と暮らす住まい」(画像.上)は、

「パッシブデザイン」の手法を取り入れ、

太陽の光と熱を同時利用し、

ゼロエネルギー住宅の先導的モデルとなりました。


野池政宏氏による

パッシブデザイン設計5項目です。

①断熱    熱の出入りを防ぐ ⇒ 冬暖かい

②日射遮蔽  日射が入るのを防ぐ ⇒ 夏涼しい

③自然風利用 風を上手に使う ⇒ 風が通る

④昼光利用  光を採り込む ⇒ 明るい

⑤日射熱利用暖房 太陽の熱を暮らしにいかす ⇒ 冬暖かい


開口部も、心地よい住まいづくりに大切な要素のひとつです。

南面の窓を大きく+日射をコントロールする。

・熱 夏は遮蔽、冬は取得。熱の取り込み方をコントロール

・光 ふんわり明るく、しっかり明るく。部屋の明るさをコントロール

・風 適度な換気で室内を清潔に。必要な時に風の量をコントロール

・視線 プライバシーを確保。外からの自然をコントロール


パッシブデザインとは、

建物の構造・断熱をしっかりして、

周りにある自然エネルギーとしての

太陽の光、熱、風を最大限に活用し調節する。

そして、高い質の室内環境を実現させながら、

省エネルギーに寄与して行くための手法です。



-----------------------------------------

アクトスタイルの住まいづくり。

下記の関連記事もご覧ください。

●アクトスタイルの住まいづくり

 

-----------------------------------------


#大井川杉 #くつろぎリビング #四季が感じられる住まい #地域ブランド #木の香り

#びおハウス #光とそよ風が心地いい #自然素材の家 #周囲の緑を採り込む

#ちいきのびお大井川 #ちいきのびお #大井川現代町家 #住まい #暮らし #和モダン

#アクトホーム #アクトカフェ #自然と暮らす #自然に暮らす #大井川ブランド

#住まいづくり #しずおか優良木材の家 #木の家 #木造住宅 #住宅 #ナチュラル

#お茶薫る珪藻土 #スローライフ #アクトスタイル #島田市

閲覧数:80回0件のコメント

最新記事

すべて表示

住まいの性能バージョンアップ! と題したシリーズは、 今回の 5,デザインで最終回を迎えました。 一般的にデザインという意味は、「視覚的な図柄などを図面化する」有形なものを指しますが、 住まいの性能バージョンアップで言うところの「デザイン」は、 「意匠計画」のことを指し、有形に限らず無形な考え方も含まれます。 例えば、 スケルトン(構造)&インフィル(内部空間)を一から考える。 太陽、風、光を取り